* 業 務 紹 介 *


     測量(公共・民間)                補償コンサルタント

     登記申請一式(土地家屋調査士業務)    国有地払い下げ申請

                                  資産運用・タックス(節税)プランニング

                                  その他関連許可申請手続き




                         業 務 の 詳 細

    【測量(公共・民間)】


    現在の土地に関する記録の約半分は、明治時代の地租改正によって作られた地図(公図)をもとにしたもので、
   土地の境界が不明瞭だったり、測量も不正確であったりするため様々なトラブルを引き起こしています。


    測量を行うことにより、境界紛争などのトラブルを未然に防ぎ(財産をまもります)、正確な土地の状況が登記簿
   に反映され安心して土地取引がおこなえます(土地取引の円滑化に役立ちます)。

    当社(飯田グループ)は、お客様所有地の測量データを大切に保管し、永久的に財産(境界)管理を行います。
   また、測量から設計、施行、販売まで一環して作業ができる、不動産に関するトータルサポート(将来の土地活用を
   考えた提案や適切なアドバイス)が可能なエキスパート集団です。



    【登記申請(土地家屋調査士業務)】

    土地家屋調査士とは・・・
    土地や建物の所有者からの依頼を受けて、土地および建物である “ 不動産の表示に関する登記の申請 ”
    を所有者 に代わって行なう事ができる資格です。

    不動産の表示に関する登記とは・・・
    登記所に保管されている登記簿の表題部になる登記であり、不動産(土地又は建物)の現況の状態を正しく登記
    簿の表題部に登記する事を目的としています。
    不動産の登記は、まず「表示に関する登記」を行い、その後「権利に関する登記」を行うようになっています。
  不動産の表示に関する登記の一例を紹介します 


                   表示に関する登記手続きの流れ

                        
                 = 土 地 の 表 示 に 関 す る 登 記 =



       



                   建 物 の 表 示 に 関 す る 登 記 =
        


                                                      上へ戻る
Copyright(C) 2013 IIDA Intelligent Development & Architect Co., LTD. All rights reserved